くらし

ハサミのサビ取りは簡単?サビを取る方法&メンテナンス!お手軽にできる方法を解説

家にある道具といえばハサミですよね。

しかし、このハサミは長年使っているとサビて切れ味が悪くなってしまいます。

ハサミのサビ取りですが簡単に行う方法はあるのでしょうか?

またメンテナンス方法なども気になります。

ここではそんなハサミのサビ取りについて解説をしていきます!

ハサミのサビを簡単に取る方法教えちゃいます!

ハサミのサビ取りですが、どのようにすればいいか悩みがちですよね。

ハサミのサビ取りですが、簡単にすることはできるのでしょうか?

結論から言えば、できます。

詳しく解説をしていきます。

ハサミですが、まずどうしてサビるのでしょうか?

その理由としては化学反応です。

ハサミは金属でできていますが、それが長年空気や水分に触れることによって酸化をします。

この酸化がサビの原因であり、ハサミに限らずどんな金属でも発生をしてしまいます。

そんなハサミのサビを取る方法ですが、おすすめとしててはクレンザーやメラミンスポンジです。

クレンザーは研磨剤入りの洗剤であり、しつこい焦げ付きなどにも有効です。

そして研磨剤によってサビを削り取ることができます。

使い方は簡単で、ハサミにクレンザーをかけたらあとはスポンジで洗うだけです。

洗う際には手を切らないように気をつけてください。

また、同様にしてメラミンスポンジでサビを取ることも可能です。

メラミンスポンジは無数の硬い格子状の構造でできています。

なので洗剤などを使わずともメラミンスポンジで洗うだけでサビを剥がすことができます。

もちろんハサミ以外の掃除などにもこれらは使うことが可能です。

ぜひハサミのサビ取りに活用してみてくださいね。

ハサミの簡単サビ取り方法!家にあるもので出来ちゃう?

ハサミのサビ取りですが、もっと身近にある家のものでも出来ちゃいます。

それは酢やレモン汁、クエン酸といったアイテムです。

これらに共通していることは酸性の成分だということです。

これらのハサミのサビ部分につけたらラップで包むようにします。

そうすることで深くハサミのサビに酸性成分が浸透をしてくれます。

あとは軽いサビでしたら20分ほど、そして大きなサビでしたら多めに酢などをかけて、

数時間放置をするようにしましょう。

終わったら布巾で拭き取るようにします。

これによってハサミのサビ成分がつるっと綺麗にすることができますよ。

こちらもぜひ試してみてくださいね。

ハサミのメンテナンスの方法は?

ハサミですが切れ味を落とさないようにするには、日頃からのメンテナンスも大切になります。

なので簡単にできるメンテナンスの方法も気になりますよね。

おすすめのハサミのメンテナンス方法ですが、アルミホイルを切るということがあります。

詳しく解説しています。

簡単にできるハサミの切れ味をアップさせる方法にアルミホイルを切るということがあります。

アルミホイルを2回ほどたたんであとは普通にハサミで切るだけで、

切れ味がある程度復活をします。

この理由としては、アルミホイルは非常に柔らかく溶けやすい性質があるからです。

そのアルミホイルをハサミで切ることによって摩擦によって溶けたアルミホイルが、

素早くハサミに吸着します。

その結果、ハサミが補修されて切れ味がアップするということですね。

ちょっとしたハサミのメンテナンスでしたらこれで十分です。

ぜひ気がついたらハサミでアルミホイルを切って、切れ味を保つようにしてくださいね。

ハサミのサビ取りは簡単?サビを取る方法&メンテナンス!お手軽にできる方法を解説まとめ

ハサミですがサビ取りは簡単にすることができます。

クレンザーやメラミンスポンジを使えば綺麗にハサミのサビを取ることができます。

また、家にあるもので簡単に行うのなら、

酢やレモン汁、クエン酸といったものを酸性成分のものでサビを剥がすようにしましょう。

そして日頃からのメンテナンスをする場合には、アルミホイルを切ればOKです。

ぜひハサミのサビを防いでいつでも気持ちよく切れるハサミをキープしてくださいね。